校章などサムネイル
実施地域アイコン

実施地域

東京都

取組内容アイコン

取組内容

その他教育

実施体制アイコン

実施体制

学部・学科

連携状況アイコン

連携状況

企業

昭和女子大学

世田谷区の下着メーカー「三恵」と小学生向けの下着「ファーストブラ」を共同開発

2019年5月14日

取組概要

 現代ビジネス研究所のプロジェクトチームが、成長期の女子のために究極のファーストブラを開発。ビジネス系とデザイン系の学生がチームとなり、専門を活かしてマーケティング、素材選択、デザイン、試作品製作など一連の商品開発に取り組んだ。
 「胸が膨らみはじめた時のストレスを解消できる究極のブラ」をコンセプトに、肌に優しく吸汗性に優れ、着心地が良く手入れが簡単なブラを目指し、毎週のミーティングに加え、モニターヒアリングや通気性の実験などを行い、試行を重ねながら約1年かけて完成させた。
 
<究極のファーストブラの特長>
 1. 形はブラキャミソール・・・着やすく手入れもしやすい
 2. 緩やかなカーブを描く首回り・・・制服の胸元から見えにくい
 3. 裾にネームタグ・・・宿泊研修用
 4. 綿混のパッド・・・通気性が良く蒸れにくい
 5. 肩紐のアジャスターは背面・・・ランドセルを背負っても痛くない
 6. 椿油加工・・・しっとりとした柔らかい肌触り
 7. 消臭加工・・・成長期独特の汗のにおいを防ぐ
 8. ホワイト・サックス・ネイビー・・・3色選べる楽しさ

成果

 発売にあたり、オリジナルブランド「My little Blossom」を立ち上げた。次の目標は「究極のセカンドブラ」の商品開発を掲げている。

 商品開発とは、「自分たちの作りたいものを作るのではなく、消費者のニーズを確実にとらえることが重要だ」と学んだことが、学生にとって一番の成果であった。
当初、小学校の女の子向けの「かわいい」ファーストブラを想定していたが、附属小学校の保護者・児童の協力を得て、アンケート調査・モニタリング調査を実施したところ、「かわいい」ことは求められていないことがわかった。保護者と児童、双方の希望を取り入れた商品がオリジナルブランド「My little Blossom」で、ロゴも学生が考案した。


関連リンク

https://univ.swu.ac.jp/topics/2019/03/26/31311/
このエントリーをはてなブックマークに追加