校章などサムネイル
実施地域アイコン

実施地域

山形県

取組内容アイコン

取組内容

地方創生・地域活性研究社会貢献

実施体制アイコン

実施体制

全学

連携状況アイコン

連携状況

地方自治体・国

東北公益文科大学

地域文化とIT技術融合により伝承環境研究の展開

2019年5月27日

取組概要

自治体や文化財・民俗芸能等の専門家、地域住民の協力を得ながら、踊りや能等、人による「伝承」を必要とする庄内地域の無形文化財について、バーチャルリアリティ技術(VR)やモーションキャプチャ、CGアニメーション等、メディア情報の技術による新しい伝承方法を開発している。IT技術でデータを集積し、さまざまなメディア発信の可能性を探る。観光施設でのバーチャル体験等も検討中。

成果

▸ 庄内地域の無形文化財のデジタルデータ化と新たな伝承方法の提言をすることで、地域価値の創造に繋がった。
▸ メディア情報技術のスキルアップ研修等を行い、地域資源を活用する人材育成にも取り組んでいる。平成30年度は本学学生が指導し、酒田市教育委員会の協力のもと小学生向けプログラミング講座(定員10名×3回)も実施している。
▸ 地域資源の掘り起こし研究を行いながら、デジタルデータによる新たな付加価値の創出を目指している。地域資源のデータについては、観光資源としてだけでなく、高齢者福祉等への応用を検討中。


報告書「地域と私立大学が共働する地方創生に向けて-地方大学の振興と地方創生のために-」からの抜粋。


詳細は関連リンクより

関連リンク

https://www.shidairen.or.jp/topics_details/id=2477
このエントリーをはてなブックマークに追加