校章などサムネイル
実施地域アイコン

実施地域

愛媛県

取組内容アイコン

取組内容

教育

実施体制アイコン

実施体制

学部・学科

連携状況アイコン

連携状況

連携なし

松山大学

特色ある学びのプログラムを知る

2020年2月25日

取組概要

「2019年度経済学部学習成果報告会」が、開催された。

この報告会は、2006年度から始まったもので、松山大学経済学部の多様で特色ある教育プログラムを、これから各プログラムを受講しようとする1年次生に向けて、特に学習成果をあげた学生の視点から紹介することを目的としている。

成果

今年度は「上海研修(東アジア経済論)(経済学部科目)」「インターンシップ研修(共通教育科目)」「各種語学研修講座(英語圏・非英語圏・学生海外語学研修助成制度)(国際センター所管)」の3つのプログラムについて報告がなされ、実際に受講した学生から体験談が語られた。

報告会開催にあたり、松浦一悦経済学部長から「経済学部では、学生の皆さんの多様な要望や経済社会の変化に対応した独自のプログラムを開設しています。実際にこのプログラムを体験した学生から話を聞き、自分の学びたいものがありましたら、来年度受講してみてください」と挨拶があった。

報告会の中で、上海研修を受講した学生からは、企業訪問の内容だけではなく、事前学習として中国を取り巻く経済状況とその背景について、調査したことが詳細に紹介された。

また、語学研修を経験した学生からは現地での暮らしやそこで学んだこと、研修を通して変わった自分の考えなどが語られた。先輩らの報告を聞き、興味や関心が持てたプログラムについて、その内容を熱心にメモに取る姿が見られた。

関連リンク

https://www.matsuyama-u.ac.jp/topics/topics-196080/
このエントリーをはてなブックマークに追加