校章などサムネイル
実施地域アイコン

実施地域

東京都

取組内容アイコン

取組内容

リカレント地方創生・地域活性教育社会貢献

実施体制アイコン

実施体制

全学

連携状況アイコン

連携状況

地方自治体・国, その他

成城大学

「成城 学びの森」オープン・カレッジ(2021)の実施

2021年8月19日

取組概要

成城大学では、2006年より「成城 学びの森」の名称で、生涯学習支援事業を行っています。
「成城 学びの森」は、「大学の知的財産を地域住民および市民一般へ還元し、地域における生涯学習の拠点となること」「参加者・受講生にリピーターとして期待をよせられるものとするだけでなく、地域住民と大学との交流の場として、また、社会人の大学院生、科目等履修生等として、発展的な学びの継続の起点となること」を目標として、「コミュニティー・カレッジ」「オープン・カレッジ」の二つの事業を柱として展開しています。
「成城 学びの森」という名称には、何にもない「草っ原」から「林」へ、そして居心地の良い豊かな「森」へと育っていくことをイメージし、地域一般の方々への社会貢献として、参加する皆さまに学ぶ楽しさを味わっていただき、そこからの繋がり、講師と受講生、受講生同士の交流の輪を拡げ、結果として、皆さまとともに、「学びの森」という豊かな拠点を成城大学につくりあげていきたい、という願いや思いがこめられております。

成果

2020年度からは、これまで毎秋から冬にかけて実施してきたオープン・カレッジを、春夏期に第一回目を実施することで準備を進めてきましたが、今般の新型コロナウイルス感染症の影響から、三密状態を避けるために、従来の大教室での講演形式は実施せず、新たな試みとして無観客型の「オンデマンド講演会」を実施しています。

2021年度第1回は、「バッタを弔い、道路を供養する 〜深淵なる日本人の供養心に迫る〜」をテーマに、鵜飼 秀徳 氏(正覚寺住職、一般社団法人良いお寺研究会代表理事、東京農業大学・佛教大学非常勤講師など)の講演動画を配信し、地域一般の方々の学びを提供しています。

関連リンク

https://www.seijo.ac.jp/social-activity/lifelearn/open-college/latest-event/
このエントリーをはてなブックマークに追加