校章などサムネイル
実施地域アイコン

実施地域

京都府

取組内容アイコン

取組内容

地方創生・地域活性研究

実施体制アイコン

実施体制

学部・学科

連携状況アイコン

連携状況

他大学, 企業

立命館大学

幻の古代甘味料「あまづら」の味を再現した飴とシロップが完成

2021年9月2日

取組概要

『枕草子』『今昔物語集』にも登場した、幻の古代甘味料「甘葛(あまづら)」。この度、あまづらの復元プロジェクトを進める、立命館グローバル・イノベーション研究機構の神松幸弘助教は、再現実験、実験的考古学的な検証を経て、あまづらの味を再現し、そのシロップと飴を制作しました。

成果

『枕草子』四十七段には、清少納言が「あてなるもの(上品で雅なもの)」として夏に氷室から出した氷にあまづらをかけた、かき氷についての逸話が記されています。貴族社会における優雅な生活文化を演出する上で、あまづらはとても重要な存在でした。しかし、貴族の凋落、砂糖の普及とともに中世中頃に消滅し、原料や製法も分からなくなっていました。
こうした幻のあまづらを復元させるべく、神松助教らは古文書などを解読、近現代の先行研究を精査し、成分分析を行った上で有力な原料として「ツタ樹液」「アマヅル樹液」「アマヅル果実」の3つの候補を絞り込みました。そして、古代の調理法・道具に即した調理実験を積み重ねることで、あまづらの味を現代に蘇らせることに成功しました。
今後は、あまづらを現代食文化の中に復活させる取り組みを行いながら、中山間地域における産業振興への活用も目指しています。

関連リンク

http://www.ritsumei.ac.jp/news/detail/?id=2200
このエントリーをはてなブックマークに追加