校章などサムネイル
実施地域アイコン

実施地域

兵庫県

取組内容アイコン

取組内容

グローバル教育

実施体制アイコン

実施体制

学生

連携状況アイコン

連携状況

他大学, 企業

関西学院大学

学生が企画したオンラインツアー「思い出つくりTaiwan」をJTBとともに実施

2021年9月17日

取組概要

関西学院大学の学生が、夏季休暇中のオンライン国際教育プログラムで台湾の学生と企画したオンラインツアー「思い出つくりTaiwan」が(株)JTB神戸支店とJTB台湾によって商品化され、9月4日(土)、実施されました。本学の学生がツアーの内容を紹介し、台湾の学生が台湾の観光地を巡ったりお店を訪ねて食べ物を紹介したりする内容。約40人の一般参加者が見つめるなか、学生たちは学んだことをもとに、台湾への旅の魅力を語りかけました。

成果

取り組んだのは、夏季休暇を利用して海外へ出かける短期留学の代わりに設けられた「グローバルPBL(観光デジタルマーケティング)~台湾の学生とコロナ禍における旅行業界の課題を解決しよう!~」を受講した学生29人。台湾の大学生20人とともに、日台混成グループ10組に分かれ、旅行会社の課題やマーケティング手法、コロナ禍に直面したJTB台湾の課題を学び、「Z世代になぜオンライントラベルが売れないのか?」といったアンケートをSNS上で実施するなどして市場を分析。グループごとにツアーを企画し、動画を撮影・編集しました。コンペを勝ち抜いた「思い出つくり」をテーマにした1時間のツアーが商品化され、8月25日からWEB上でJTBの商品(参加費250台湾ドル=約1,000円)として紹介されました。学生たちはSNSなどで広報も展開しました。

ツアー当日は、本学の学生とJTB神戸支店の担当者が本学の教室に集まり、オンラインツアーを見守りました。JTB台湾のスタッフ2人がコーディネーターとなり、本学の学生が参加者にツアーの見どころを紹介。観光地である「迪化街」「霞海城隍廟」「十分」「九份」「寧夏夜市」などに台湾の学生が実際に出向いた画像を流し、揚げパンや草餅、芋圓、牡蠣オムレツ、タピオカなど現地のおいしい食べ物も紹介しました。途中にはクイズもはさむなどして、参加者に身近に感じてもらうような趣向も凝らしました。

関連リンク

https://www.kwansei.ac.jp/news/detail/4422
このエントリーをはてなブックマークに追加