校章などサムネイル
実施地域アイコン

実施地域

東京都

取組内容アイコン

取組内容

研究社会貢献

実施体制アイコン

実施体制

ゼミ

連携状況アイコン

連携状況

他大学

早稲田大学

リアルタイム浸水予測システム(S-uiPS) 一般公開に先立ち9/1先行公開開始

2022年9月12日

●未曾有の豪雨発生による都市浸水を精緻に予測する、リアルタイム浸水予測システム(S-uiPS)を、東京都23区を対象として2022年9月下旬より一般公開
●一般公開に先立ち、防災の日である、本年9月1日より文部科学省のDIAS(データ統合・解析システム)上にて、先行公開を開始

取組概要

早稲田大学理工学術院の関根正人教授、東京大学地球観測データ統融合連携研究機構の喜連川優特任教授、生駒栄司特任准教授、山本昭夫特任助教、および一般財団法人 リモート・センシング技術センターによる研究グループは、東京都23区で発生する都市浸水をリアルタイムで予測するシステムである、S-uiPS(スイプス)(Sekine’s urban inundation Prediction System)を2019年に開発し、これまで社会実装に向けて準備を進めて参りました。

このたび、2022年9月下旬(21日頃を予定)に一般公開を行うこととなりました。
また、一般公開に先立ち、ユーザーを限定した3週間ほどの先行公開期間を設けることとし、防災の日である同9月1日より開始いたしました。

成果

本研究成果の一部は、文部科学省補助事業「地球環境データ統合・解析プラットフォーム事業」の支援を受け、データ統合・解析システム(DIAS)を利用して得られたものです。

地上・下水道・都市河川といった都市内の雨水の流れを力学原理に基づき一体的に計算し、その結果として浸水を予測し、かつ速報性ばかりでなく信頼性の高い浸水情報を住民に届けることが出来る手法構築を目的に、研究を進めた本研究グループは、2019年5月に「S-uiPS」を開発し発表いたしました。
その後データベースの修正やコロナ禍を経て、このたびの一般公開に至るまで3年の期間を要しました。
人々の命に関わる情報には速報性と正確性が重要であることは言うまでもありません。研究者としてできるだけ正確な情報をお届けしたいと考えており、一般公開の前に先行公開期間を設けてユーザーの意見を求めることとし、正確性を見極めた上で一般の皆さんに活用いただきたいと考えています。

関連リンク

https://www.waseda.jp/top/news/83042

関連記事