校章などサムネイル
実施地域アイコン

実施地域

福岡県熊本県

取組内容アイコン

取組内容

地方創生・地域活性教育社会貢献

実施体制アイコン

実施体制

ゼミ

連携状況アイコン

連携状況

他大学

石巻専修大学

【経営学部】九州で「復興支援について考える」イベントを開催!

2019年3月15日

取組概要

経営学部 山崎 泰央ゼミナールが学都仙台コンソーシアム復興大学事業として、福岡県の西南学院大学、熊本県の熊本県立大学にて「復興ボランティア学 ワークショップ」を開催した。
「復興ボランティア学ワークショップ」とは、本学の授業「復興ボランティア学」の講演録をもとに、参加者同士が対話を通して、自身の地域でできる防災・減災を考えるワークショップ。
イベントを通じて、現地の学生をはじめとした多くの参加者と「防災・減災」について意見交換し、未来思考で地域課題の解決策を考える「未来新聞」をグループで制作。ワークショップの最後には、5年後のあるべき未来について発表を行った。

成果

山崎ゼミナールのゼミ生は、グループワークで全体を進行するファシリテーターを務めた他、グループに加わるなどして、参加者に「災害や地域課題について考えるきっかけ」を提供。
学生が中心となり、震災を風化させない取り組みを実践することで、それぞれが自らの成長を実感することができた。
また、参加者からはワークショップに対して、多くの好意的な感想をいただくことができた。

関連リンク

https://www.senshu-u.ac.jp/ishinomaki/news/20190314-04.html
このエントリーをはてなブックマークに追加