校章などサムネイル
実施地域アイコン

実施地域

愛知県

取組内容アイコン

取組内容

研究

実施体制アイコン

実施体制

学部・学科

連携状況アイコン

連携状況

地方自治体・国

中京大学

高齢者における自宅での自重負荷スクワットトレーニングの科学的な効果の検証に成功

2021年4月15日

取組概要

教養教育研究院の吉子彰人助教とスポーツ科学部の渡邊航平教授は3月、高齢者が自宅で実施したスクワットトレーニングの効果を科学的に検証することに成功しました。

成果

この研究では、65歳以上の高齢者を対象に、自宅で実施することができる「自重負荷スクワット (バーベルなどの重りを持たず自分の体重を負荷とするスクワットのこと)」のトレーニングを12週間行い、太もも部分の筋肉量、膝の伸展筋力、レッグプレスの最大挙上重量と運動機能 (歩行速度やイス座り立ちテスト) を4週間の間隔をおいて評価しました。併せて、沈み込みの浅いスクワット、沈み込みの深いスクワットを比較し、トレーニング効果に違いがみられるかどうかも検証しました。
その結果、自重負荷スクワットにより高齢者の下肢の機能が改善することが判明したとともに、スクワットの沈み込みの深さは機能の増加・改善の程度に影響をもたらさないことを明らかにしました。
従来より自重負荷スクワットは、小さなスペースでも実施可能で、方法が理解しやすく、お金がかからず、怪我のリスクが低いといった点からも、高齢者への実施が奨められていますが、今回科学的に検証されたスクワットのポシティブな効果を根拠に、コロナ禍においても自宅で無理なく継続可能なトレーニングとして、今後ますますスクワットトレーニングの実施を勧めることができるようになりました。

関連リンク

https://www.chukyo-u.ac.jp/news/2021/04/019357.html
このエントリーをはてなブックマークに追加