校章などサムネイル
実施地域アイコン

実施地域

東京都

取組内容アイコン

取組内容

研究

実施体制アイコン

実施体制

全学

連携状況アイコン

連携状況

他大学, 地方自治体・国

タグアイコン

タグ

動植物

慶應義塾大学

ほとんどオスを産まないハチの謎を解明-母親どうしの協力行動であることが明らかに-

2021年5月14日

取組概要

慶應義塾大学商学部の上村佳孝准教授は、明治学院大学教養教育センター付属研究所の安部淳研究員、理化学研究所数理創造プログラムの入谷 亮介研究員、岐阜大学応用生物科学部の土田浩治教授、オックスフォード大学のStuart A. West教授とともに、オスを数パーセントしか産まないハチの謎を解明しました。

成果

メリトビアというハチの仲間が極端に少なくオスを産む理由はこれまで解明されていませんでしたが、これは一緒に産卵する母親どうしの血縁関係によって産むオスとメスの割合を調節し、母親どうしが子孫を効率良く残すための一種の協力行動であることを明らかにしました。
オスを少なく産むことにより、血縁関係のある息子どうしの配偶相手をめぐる無駄な競争を避け、その分多くのメスを産めるため、お互いの子孫の数を増やせることが、DNA解析および数理的理論解析によって示されました。
今回メリトビアで確認された母親数と母親間の血縁関係による性比の調節は世界で初めての例であり、この発見は、ハチの行動や性比調節の理解に留まらず、生物がどのようなときに自己中心的に振る舞い、どのようなときに協力的に振る舞うのかという社会行動全般の理解に応用されることが期待されます。

関連リンク

https://www.keio.ac.jp/ja/press-releases/2021/5/11/28-79914/
このエントリーをはてなブックマークに追加