校章などサムネイル
実施地域アイコン

実施地域

京都府

取組内容アイコン

取組内容

研究社会貢献

実施体制アイコン

実施体制

全学

連携状況アイコン

連携状況

企業, その他

立命館大学

生命科学に基づく土壌改善技術「SOFIX」を活用した「清酒・勝利馬」の共同開発

2021年6月7日

取組概要

本学と小西酒造株式会社(兵庫県伊丹市)は、一般社団法人SOFIX農業推進機構(滋賀県草津市)と田渕農場(滋賀県草津市)の協力のもと、競走馬の馬フンから作られた堆肥(馬有機堆肥)で栽培した米を使った「清酒・勝利馬(しょうりうま)」を共同開発しました。

本学と小西酒造株式会社は、2013年より生命科学部の久保幹(もとき)教授が考案した土壌診断技術「SOFIX(ソフィックス)」を活用し、競走馬の馬有機堆肥で育てた米を使った環境に優しい日本酒の開発を行ってきました。「SOFIX」は、土の中の微生物の働きを可視化・指標化する技術で、農家の経験と勘が頼りであった有機肥料を使った土づくりを、科学的な指標を持って行い、農作物の品質や生産性の向上を実現します。

成果

SOFIX技術の活用により有機栽培が普及することは、土壌環境の改善、世界で問題となっている農地土壌劣化の解決の一助にもなり、「清酒・勝利馬」を美味しく飲むことは、持続可能な農業を応援することにも繋がります。

関連リンク

http://www.ritsumei.ac.jp/news/detail/?id=2101
このエントリーをはてなブックマークに追加