校章などサムネイル
実施地域アイコン

実施地域

東京都

取組内容アイコン

取組内容

研究

実施体制アイコン

実施体制

ゼミ

連携状況アイコン

連携状況

連携なし

タグアイコン

タグ

医療

慶應義塾大学

ゲノム編集技術とiPS細胞を組み合わせた悪性神経膠腫に対する新規治療法の開発

2022年10月7日

取組概要

慶應義塾大学医学部脳神経外科学教室の戸田正博教授らの研究グループは、ヒトiPS細胞由来の神経幹細胞(Neural stem cell:NSC)が、まわりの組織に広がっていく浸潤性のグリオーマ幹細胞(Glioma stem cell:GSC)に向かって移動することを証明し、NSCを遺伝子の「運び屋」として治療応用する研究を進めています。

成果

本研究では、ゲノム編集技術を用いてiPS細胞に治療遺伝子を組み込み、治療用NSCに誘導後、脳内に移植することにより、難治性のGSCモデルマウスに対して顕著な抗腫瘍効果を示すことを明らかにしました。本治療法では、無毒なプロドラッグを投与することにより、移植した治療用NSCも自滅するため、NSC自身の腫瘍化リスクを回避できます。

治療用NSCは、脳内に広範囲に広がった治療が難しい浸潤性・治療抵抗性のGSCを効率的に殺傷できる可能性があります。極めて難治性の疾患である悪性神経膠腫の予後改善を目指して、早期の臨床試験を実施するため、現在、臨床グレードの治療用NSCの作成準備を行っています。

本研究成果は、2022年9月10日(日本時間)に米科学誌 Bioengineering & Translational Medicine (オンライン版)に掲載されました。

関連リンク

https://www.keio.ac.jp/ja/press-releases/2022/10/3/28-132270/
このエントリーをはてなブックマークに追加