校章などサムネイル
実施地域アイコン

実施地域

東京都

取組内容アイコン

取組内容

研究

実施体制アイコン

実施体制

学部・学科

連携状況アイコン

連携状況

その他

タグアイコン

タグ

ロケット

中央大学

ロケット用固形燃料 実用実験開始

2018年3月20日

概要

中央大学と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、ロケット用固形燃料製造プロセスを抜本的に見直し、蠕動運動型混合搬送装置による、ロケット用固形燃料の製造に成功した。

 

成果

ロケット開発の低価格競争が過熱している現在、ロケット打ち上げ費用の高額である理由の一つである「固形燃料」が機体重量の大半を占めることがあげられる。

現在の製造手法では、作った燃料を人の手で取り出し運搬する必要があり、連続製造かつ運搬ができることを目指し、人の大腸の蠕動運動をまねた装置を開発。

2017年12月26日に、実用組成燃料材料の混合および搬送実験を行い、2018年2月23日に試験用ロケットモーターに搭載し、地上燃焼試験を行い、ロケット用固形燃料としての実用可能を図る実験に成功した。

実用化に向けた大きな一歩となり、ロケットの打ち上げ費用を抑えることが期待される。

関連リンク

http://www.chuo-u.ac.jp/research/institutes/science/news/2018/03/67489/
このエントリーをはてなブックマークに追加