校章などサムネイル
実施地域アイコン

実施地域

宮城県

取組内容アイコン

取組内容

教育社会貢献

実施体制アイコン

実施体制

学部・学科

連携状況アイコン

連携状況

企業

石巻専修大学

【機械工学科】利用者のために心を込めて

2018年11月21日

取組概要

11月14日(水)~16日(金)、理工学部機械工学科自動車工学コースの学生が、一般社団法人日本カーシェアリング協会が企画した「学生整備プロジェクト」に協力。
同協会は東日本大震災後、仮設住宅などに車両を提供する移動支援をスタートし、全国からの寄付で集まった車両を活用した「社会貢献のモデルづくり」の実践を進めており、本学の学生と協力する「学生整備プロジェクト」は2013年から継続している。
15日(木)に行われたセレモニーには、同協会担当者や車両の利用者、学生ら約30名が出席。セレモニー後には、4年次の学生が「車の利用を待っている人たちのためにも」と大切な車両のタイヤ交換、オイル交換などの点検作業を丁寧に行った。

成果

「学生整備プロジェクト」で整備・点検する車両は、通常の授業で使用する実習車両と異なり、多くの方が利用する車両となる。
学生たちは、「事故に繋がるようなことは絶対にあってはならない」と細心の注意を払って作業を実施。
また、整備を行う車両は1台1台異なる車種のため、「車の構造を知る」という点においても非常に勉強になり、知識・スキルともに学生個々人が大きく成長を実感することができた。
全国の被災者への社会貢献活動に繋がるとともに、卒業後には自動車整備士となる学生もおり、将来を見据えた実践的な学びとなっている。

関連リンク

https://www.senshu-u.ac.jp/ishinomaki/news/20181116-05.html
このエントリーをはてなブックマークに追加