校章などサムネイル
実施地域アイコン

実施地域

群馬県

取組内容アイコン

取組内容

地方創生・地域活性

実施体制アイコン

実施体制

学部・学科

連携状況アイコン

連携状況

企業

関東学園大学

学生による「6次産業化」応援ラジオ番組が開始

2019年5月17日

取組概要

地域経済デザインコースの学生たちが、地域活性化と「食と農」をテーマに、地域の魅力や課題についてトークし、地域がかかえる課題の解決をめざし、ラジオ番組をスタートさせた。

番組は、毎月1回、第1週日曜日の20:00-20:59(再放送:毎週月曜日16:00-16:59)放送。
 

成果

6次産業化とは、農林水産業・畜産業などに携わる生産者(農家)が、食品の生産から加工・販売までを手がけることで、生産者の付加価値向上と、所得の増大をめざした取り組みのこと。

例えば、農家が自分で育てたトマトをドライトマトにしたり漬物にしたり、サツマイモを干芋に加工して販売したり、栽培した野菜からおいしくてヘルシーなスイーツを開発して売り出したりという取り組みが広がりつつある。

番組では、実際に地元の6次産業化に取り組みながら、活躍されているみなさんに直撃取材している。

関連リンク

https://www.kanto-gakuen.ac.jp/univer/news/2019/fm6.htm
このエントリーをはてなブックマークに追加