校章などサムネイル
実施地域アイコン

実施地域

東京都

取組内容アイコン

取組内容

研究

実施体制アイコン

実施体制

学部・学科

連携状況アイコン

連携状況

他大学

順天堂大学

難治性のユーイング肉腫に強力な抗腫瘍効果のあるiPS細胞由来ネオアンチゲン特異的キラーT細胞の作製に成功

2021年8月17日

取組概要

順天堂大学大学院医学研究科血液内科学の安藤美樹 准教授、日本学術振興会特別研究員(RPD)の石井翠 (整形外科学非常勤助教)と東京大学医科学研究所幹細胞治療部門の中内啓光 特任教授らの共同研究グループは、小児から若年者の骨や軟部組織に多く発生する悪性腫瘍のユーイング肉腫に対して強力な抗腫瘍効果をもつ、iPS細胞由来のネオアンチゲン(注1)特異的キラーT細胞(注2)の作製に成功しました。そして、このiPS細胞由来のキラーT細胞が、末梢血由来のキラーT細胞と比較して、ユーイング肉腫の増殖を生体内で強力に抑制し、生存期間を延長させる効果があることをマウスモデルで確認しました。

(注1)ネオアンチゲン
がん細胞の遺伝子変異に由来する腫瘍特異的抗原。ネオアンチゲンを発現しているがん細胞は免疫系から「非自己」と認識され、強い免疫反応を引き起こす。ネオアンチゲン特異的キラーT細胞はネオアンチゲンを発現している腫瘍のみを特異的に攻撃し、遺伝子変異が無くネオアンチゲンが存在しない正常細胞を誤って攻撃することはない。患者においては多くの場合、免疫系が疲弊していて腫瘍細胞を効率よく殺すことができなくなっている。
(注2)キラーT細胞 (抗原特異的細胞傷害性T細胞)
免疫細胞であるTリンパ球の中でも、ウイルス抗原や腫瘍抗原を認識し、異常細胞を攻撃するリンパ球。患者のウイルス特異的細胞傷害性T細胞を体外で増幅し、再び患者体内に戻す免疫T細胞療法は、重症ウイルス感染症やウイルス関連腫瘍に有効である。

成果

この成果により、転移期の標準治療が確立されていないユーイング肉腫に対し、iPS細胞由来の免疫細胞を用いた新規治療法の開発の可能性が大きく広がりました。

関連リンク

https://www.juntendo.ac.jp/news/20210812-05.html
このエントリーをはてなブックマークに追加