校章などサムネイル
実施地域アイコン

実施地域

東京都

取組内容アイコン

取組内容

研究

実施体制アイコン

実施体制

ゼミ

連携状況アイコン

連携状況

他大学, その他

タグアイコン

タグ

共同研究

慶應義塾大学

細胞の分裂面を決める:細胞両端を往復する波が出現する仕組みの解明-細胞内で分子の位置が決まる原理に迫る成果-

2022年6月9日

取組概要

慶應義塾大学理工学部の藤原慶准教授、土居信英教授、同大学大学院理工学研究科の髙田咲良(修士課程2年)、東北大学材料科学高等研究所の義永那津人准教授(兼産業技術総合研究所 産総研・東北大 数理先端材料モデリングオープンイノベーションラボラトリ(MathAM-OIL)副ラボ長)の研究グループは、生命を模倣した人工細胞を利用して、細胞が分裂する位置を決めるタンパク質が集合する場所が、波のように細胞の端と端を往復して移動する仕組みを解明しました。

成果

本成果の発展により、細胞内における分子の位置がどう決まるかの理解が進み、細胞のように自律的な細胞分裂によって自己複製する人工細胞の創出が期待されます。本研究成果の詳細は、科学誌『Science Advances』のオンライン版に、2022年6月8日(米国東海岸時間)に掲載されました。

関連リンク

https://www.keio.ac.jp/ja/press-releases/2022/6/9/28-124635/
このエントリーをはてなブックマークに追加