校章などサムネイル
実施地域アイコン

実施地域

東京都

取組内容アイコン

取組内容

研究

実施体制アイコン

実施体制

学部・学科

連携状況アイコン

連携状況

連携なし

芝浦工業大学

海洋深層水由来のバランスウォーターに健康効果を発見 — バランスウォーターの最適な硬度を提案

2022年6月20日

取組概要

生命科学科・福井浩二教授らの研究チームは、海洋深層水由来のバランスウォーターを継続的に飲用することで多くの健康効果が期待できることを発見しました。
ミネラルは生物にとって必要不可欠ですが、ミネラルを多く含む高硬度水の連続摂取は、逆に身体に悪影響を及ぼす可能性もあります。本研究では、ミネラル効果を得るための継続的摂取に最適な硬度の検討を行いました。

海洋にはカルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウムなどが豊富に含まれており、これらは生物にとって必要不可欠なミネラルです。近年、海洋深層水には、肥満解消、心血管系疾患のリスク低減、血圧低下などの有益な効果があることが示唆されていますが、詳細なメカニズムは明らかになっていません。また、ミネラルを多く含んでいても硬度が高すぎる水では、同時にナトリウムイオン濃度も高くなってしまうなどの理由から日常的な摂取には適さず、身体に悪影響を及ぼす可能性もあります。そこで、本研究では海洋深層水由来のバランスウォーターの効果と適切な硬度を決定することを試みました。

成果

高知県室戸市沖で採取した海洋深層水からミネラル成分のみを抽出し、硬度の異なる水飲料(バランスウォーター)(硬度レベル:200、300、500)を作製しました。この海洋深層水由来のバランスウォーターを肥満マウスに2か月間投与し、認知・協調機能、さらには血液・生化学的パラメータへの影響を評価しました。マウスには高脂肪食を与え、海洋深層水由来のバランスウォーターを与えなかった対象マウスとの比較を行いました。
実験から、どの硬度の海洋深層水由来のバランスウォーターにおいても、マウスに抗肥満効果は観察できませんでしたが、非投与マウスと比較して認知機能や協調機能が有意に改善されたことを確認しました。
さらに、海洋深層水由来のバランスウォーターを投与したマウスでは、尿素窒素、無機リン、アミラーゼ、グルコースなどの血清パラメータが、非投与マウスに比べ有意に減少しており、腎機能の改善・維持に有効である可能性も示されました。硬度レベル300の海洋深層水由来のバランスウォーターの定性分析では、マグネシウムとカリウムが、それぞれ水道水をろ過した場合の11倍や7倍と高く、更に多数の微量ミネラルも含まれていることが判明しました。しかしこの際、ナトリウムの濃度は2.5倍しか上昇しておらず、また血清レベルでは非添加群と比較しても上昇していませんでした。(海洋深層水由来を飲料として利用し、含まれる多種類のミネラルを摂取するには、ナトリウムイオン濃度を低く保つことが重要です。ナトリウムの過剰摂取は、糖尿病、高血圧、心血管疾患の高リスク因子であることがよく知られています。)

本研究では、硬度レベル(200、300、500)の異なる海洋深層水由来のバランスウォーターを肥満マウスに与えることで学習能力の改善や、血中の腎機能パラメータのみならず中性脂肪や血糖値の有意な低下などの効果も確認しました。
実験結果より、海洋深層水由来のバランスウォーターを継続的に摂取する場合には、硬度200、あるいは300が最適であることを確認しました。近年、生活習慣の変化によりミネラルの摂取が不十分となっています。適度なミネラルを含む飲料の継続的な摂取は、適切な健康を維持するのに役立つと考えられます。

関連リンク

https://www.shibaura-it.ac.jp/news/nid00002428.html
このエントリーをはてなブックマークに追加