校章などサムネイル
実施地域アイコン

実施地域

東京都

取組内容アイコン

取組内容

学生支援教育

実施体制アイコン

実施体制

全学

連携状況アイコン

連携状況

連携なし

成城大学

コロナ禍における遠隔授業の実態について学生調査を実施

2021年4月27日

取組概要

成城大学は、例年、教育の質向上を目的として授業の改善等に関する学生アンケートを実施しており、2020年度はコロナ禍における遠隔授業の実態についても調査・分析を行った。調査内容は、学生が保有する機器・受講環境から、遠隔授業のツールと形式、授業に対する満足度や「遠隔授業を円滑に受講できているか?」「担当教員とうまくコミュニケーションをとれているか?」といった具体的内容まで多岐に渡る。

成果

調査の結果、対面/遠隔という授業形式や遠隔授業のツールに関わらず、学生の授業に対する満足度は「教員とのコミュニケーション」による影響が大きいことが明らかになった。成城大学ではこうした結果を活かし、「教育の質」向上のためのさらなる改善を目指していく。

関連リンク

https://www.seijo.ac.jp/news/jtmo42000000ykgm-att/jtmo42000000yki4.pdf
このエントリーをはてなブックマークに追加