校章などサムネイル
実施地域アイコン

実施地域

東京都

取組内容アイコン

取組内容

研究

実施体制アイコン

実施体制

ゼミ

連携状況アイコン

連携状況

連携なし

タグアイコン

タグ

慶應義塾大学

新型コロナワクチン接種意向の心変わりのワケ、その特徴が明らかに-1年間の2万人追跡調査研究-

2022年7月26日

取組概要

慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室の野村周平特任准教授、ガズナヴィサイラス研究員らの研究チームは、20歳以上の日本の居住者を対象に、新型コロナワクチンの接種意向に関する大規模な全国オンライン調査を2度実施しました。

成果

1度目は新型コロナワクチン一般接種が始まる直前の昨年2月、2度目はその1年後の今年2月に行われました。回答頂いた約2万人のデータを多面体な統計手法で分析し、この1年間でワクチン接種意向が心変わりした方に関して、その特徴についてまとめました。

関連リンク

https://www.keio.ac.jp/ja/press-releases/2022/7/22/28-125796/
このエントリーをはてなブックマークに追加