校章などサムネイル
実施地域アイコン

実施地域

京都府

取組内容アイコン

取組内容

社会貢献

実施体制アイコン

実施体制

ゼミ

連携状況アイコン

連携状況

地方自治体・国

京都産業大学

学生が提案したトリックアート横断歩道が実用化!

2021年10月13日

取組概要

法学部 高嶌ゼミの学生が提案したトリックアートを用いた立体的に見える横断歩道が実用化されました。この横断歩道は亀岡市の協力のもと、京都府内の2カ所に導入され、自動車運転者への注意と減速を促すことで、子どもの交通事故防止や通学路の交通安全などの意識向上を目指しています。

成果

高嶌ゼミの皆さんは一般社団法人京都府トラック協会、京都府警察本部交通部交通企画課が主催した第3回大学ゼミ対抗プロジェクト「ポリス&カレッジ in KYOTO2020」に出場し、「信号機のない横断歩道における歩行者優先対策」のテーマに対し、立体的に見えるトリックアートを用いた横断歩道を提案し、最優秀賞を受賞しました。この時のアイデアが京都府内で初めて採用され、京都府亀岡市の小学校前に導入されました。
考案した髙嶌ゼミの学生は、「私たちの提案した施策案が、実際に導入され、地域の交通安全に貢献できたことを大変嬉しく思います。これを機に、改めて一人一人が横断歩道での交通ルールを再認識して欲しいです。」と思いを語ってくれました。

関連リンク

https://www.kyoto-su.ac.jp/news/2021_ju/20211008_140_police.html
このエントリーをはてなブックマークに追加